2014年06月18日

おすすめジャズ『Kin』パット・メセニー&ライル・メイズ

●おすすめジャズ『Kin』パット・メセニー&ライル・メイズ

ライヴ作品『THE ORCHESTRION PROJECT』、そして大胆な挑戦ちも呼べる『TAP: JOHN ZORN'S BOOK OF ANGELS, VOL. 20』の相次ぐリリース、そしてユニティ・バンドのグラミー賞受賞、そしてライヴに次ぐライヴと2013年も精力的に活動してきたパット・メセニー。

そのグラミー賞を受賞した、ユニティ・バンドが、新たにマルチ・インストゥルメンタリストであるジュリオ・カルマッシを加えた5人組、ユニティ・グループへと進化した。




「ユニティ・バンドのアルバムとツアーは自分にとって、人生が変わるような体験だった。

だからこれをいかにして継続し、次なるレベルへと押し上げるための方策をどうしても探したかった」とパット・メセニー本人も語るこのユニティ・バンドの進化形で、メセニーは、自身がソロとして、またグループやトリオとして、さらにオーケストリオンと共に作り出してきた様々なサウンドの全てを一つに取り込んだ新たな音楽的プラットフォームを作ることを思い描いたという。


そのヴィジョンを実現すべく、クリス・ポッター(ts)、ベン・ウィリアムス(b)、そしてアントニオ・サンチェス(Dr)のトリオに加え、新メンバーとして、マルチ・インストゥルメンタリストであるジュリオ・カルマッシが加入し、ワイルドカード的なインパクトをプロジェクトにもたらしている。

このパワーアップした超絶ラインアップについてメセニー本人も「彼らとなら何でも出来る」と語っているとか?!



凄腕揃いのメンバーとあって、メセニー本人も「これだけのミュージシャンのために曲を作り、パーツや素材を一つにまとめるのは、自分にとっても大きな挑戦だった」と語る。

しかしその結果出来上がった作品について彼はこうも語っている。

「このアルバムは、ミュージシャンとして最も充足感を感じた作品だ。そしてこの作品が示す可能性は、無限大にも感じる」。



その言葉が表す通り、本作はアグレッシヴな意欲作揃い!

幕開けを飾る15分もの長編「On Day One」をはじめとして10分以上の作品が4曲も並び、いずれも詳細なディテールで構成されながらも、それぞれのミュージシャンがインプロヴィゼーションを出来るだけのインスピレーショナルな空間も設けられている。

その中で縦横無尽に様式や拍子記号、ペダルポイントを変えながら、それぞれのミュージシャンが輝く瞬間が次々と飛び出してくる。



メセニー本人の言葉を借りれば、前作のユニティ・バンドが「4人のミュージシャンがスタジオでレコーディングする様を捉えた、思慮に富んだ、モノクロームのドキュメンタリー」であるなら、今作のユニティ・グループは「バンドのあるべき姿をテクニカラーでとらえたIMAX映像」だという。


最強の仲間を得たメセニーが見せる、新たな音楽的冒険と視点。

エレクトリックやデジタルの要素を取り入れた大胆でエキサイティング、しかしナチュラルなメセニー・サウンドの最新系がここにある。









posted by ホーライ at 01:23| 東京 ☁| バンドジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

おすすめジャズ「ブラック・レディオ2」傑作だ!

●おすすめジャズ「ブラック・レディオ2」傑作だ!

ピアニストのロバート・グラスパーが、2012年に発表しグラミー賞ベストR&Bアルバムを獲得した『ブラック・レディオ』の続編アルバムをリリース。

彼がリスペクトするシンガー、ラッパーとコラボレートして制作した作品


現代のブルーノート・レーベルを代表するピアニストであるロバート・グラスパー率いるロバート・グラスパー・エクスペリメントのアルバム『ブラック・レディオ2』の発売が公式サイト(http://www.robertglasper.com)で発表された。

2012年2月に発売された前作『ブラック・レディオ』はエリカ・バドゥ、モス・デフなどをゲストに迎え米ビルボード誌のジャズ・チャートで1位、

日本のiTunesジャズチャートでも1位を獲得し、iTunes BEST OF 2012(日本)では「Afro Blue (feat. Erykah Badu)」がジャズの「ベストソング」 に選ばれた。

そして第55回グラミー賞(2013年2月)では最優秀R&Bアルバムを獲得。最高の栄誉を得た。



『ブラック・レディオ2』はアメリカで10月29日に発売され、日本では10月23日に先行発売される予定。

公式サイトによると「ジャンルの壁を破壊し、創造的な音楽とは何であるかを示したブラック・レディオ。

そのブラック・レディオの設計図を残したまま、さらに高いレベルに進む」作品になる。

ヴォーカリストとして迎えられるのはコモン、パトリック・スタンプ(フォール・アウト・ボーイ)、ブランディ、ジル・スコット、ドゥウェレ、マーシャ・アンブロージアス、
アンソニー・ハミルトン、フェイス・エヴァンス、ノラ・ジョーンズ、スヌープ・ドッグ、ルーペ・フィアスコ、エミリー・サンデー、レイラ・ハサウェイ、マルコム=ジャマール・ワーナー。

全12曲のうち11曲がロバート・グラスパーによるオリジナル曲で構成され、残る1曲はスティーヴィー・ワンダーの「神の子供たち」をカヴァーしている。

ユニバーサルミュージック ロバート・グラスパー http://emij.jp/glasper/



前作は出来の良さに感心するばかりでしたが、しかしこれは余りにも戦略的!

だって、ゲスト陣はコモン、スヌープに加え、マーシャ・アンブロシア、メイシー・グレイ、フェイス・エバンスに、ブランディちゃん?!

みんな90年代中・後半の HipHop、R&Bスターばかりじゃない!

明らかに、現在30代後半以上の「立派な大人」となっているであろう、当時の音楽ファンを狙い打ちした布陣。(若いコは音楽買わないしね)



それを「ジャジー」なサンプリング・打ち込みではなく、ホンモノのジャズコンボの演奏で聴かせる「ラグジュアリーな大人感」。

んー、くやしいが今回もカッコ良い。。

この男、ハービー・ハンコック張りのビジネス感覚の持ち主と見た。。

もちろん、コマーシャルなだけじゃない。

1曲1曲の出来も良いし、ノラ・ジョーンズを立てた人力エレクトロ” Let It Ride ” あたりも新鮮(革新的とまで行かないのがミソ)。

これって現在の「フュージョン・AOR」ですね! 高品質!










posted by ホーライ at 00:02| 東京 ☀| R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

お勧めのジャズ★ベスト・ジャズ100 ピアノ・スタンダーズ

■お勧めの音楽:ピアノが呼んでいる「ベスト・ジャズ100 ピアノ・スタンダーズ」

大人気ベスト・ジャズの第2弾! ピアノを聴くならこの100曲から!

人気ピアニスト達がよく知られたジャズ・スタンダードを演奏。

ジャズ入門にも最適なガイドです。

★ブルーノート、パシフィック・ジャズ、キャピトルをはじめとする一流レーベルの音源から選曲

★全曲オリジナル通り完奏

★聴きやすいテーマ別の編集

「スタンダーズ」と言うだけあって多くの人が知っているスタンダードを集めている。

音源の豊富なブルーノートなので、選曲も上々。

コンピレ盤の鑑、コンピレ盤はかくありたいという好例。

BGMとしても最高です。


キラ星の如く、という表現がありますが、まさしくこのCDに捧げられるべきものだと思います。


★「ベスト・ジャズ100 ピアノ・スタンダーズ」 (アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000FPX0CA/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★「ベスト・ジャズ100 ピアノ・スタンダーズ」 (楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/ldmrzuy
posted by ホーライ at 00:35| 東京 ☀| ピアノのジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

クールなジャズならこれ!「Waltz for Debby」ビル・エバンス トリオ

■クールなジャズならこれ!「Waltz for Debby」ビル・エバンス トリオ
       ↓
https://www.youtube.com/watch?v=W3wq7ejawIA

ビル・エバンス トリオの演奏。

語り尽くされた感すらあるジャズの名盤中の名盤。

ジャズ初心者からベテランリスナーまで、多くの人の心を惹きつけて止まないピアノトリオの傑作だ。

ロマンティックで詩的といわれるエバンスらしい選曲、分り易くも奥の深い演奏。

40年以上前のものとは思えない録音の音質、印象的で洒落たジャケットデザイン。

名門「ビレッジ・バンガード」のざわついた雰囲気、ベーシスト・ラファロの録音の数日後事故死という物語性…


世の中にいい演奏、いいCDは沢山あるが、本当に名盤となる要素を兼ね備えたものはそう多くはない。

この"Walts for Debb"はその要素を全て兼ね備えた、エバンスの作品の中でも傑出した一枚といっていい。

このCDを聞く度にこうした音楽に出会えたことを誰かに感謝したい気持ちになる。

このアルバムは輸入盤なので1000円を切る。

それで、この極上の音楽を聴くことができる。

いい時代になったもんです。

      
★「Waltz for Debby」(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000000YBQ/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★「Waltz for Debby」(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/beuuxku


posted by ホーライ at 01:23| 東京 ☀| バンドジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

おすすめジャズランキング第10位★「Sings」チェット・ベイカー

チェット・ベイカーの代表作として多くの人が真っ先にあげるのが本作。

トランペッターだったチェットが歌うようになったのは50年代はじめのこと。

そして歌手としての名声を確立したのが本作だった。


曲はおなじみのスタンダードばかり。

しかしチェットが歌うと、そこに独特の世界が広がり、聴く者はついついその世界に引き込まれてしまう。

そういう意味では、チェットの歌と演奏には麻薬的な魅力が潜んでいる。


ジャズ・ヴォーカルにありがちな大胆なフェイクは行なわず、メロディをストレートに歌い上げるスタイルはいたってシンプル、それでいて味わい深い。

まるで耳元で囁くようなソフトな感触の歌声はチェットの専売特許といっていい。

いまでは笑い話だが、当時チェットの歌を聴いた人は、女性が歌っていると誤解したりしたものだ。

中性的と形容されるアンニュイな歌声、その歌声とリリカルなトランペットのハーモニーが絶妙だ。

チェット・ベイカーを聴くなら、なにはさておき本作から。


ジャズ界広しと言えどもチェット・ベイカーのボーカルを凌ぐボーカルがあるとも思えないし、これから出てくるとも思えない。

1950年代から彼はいつの間にか歌い始め、本作はその評価を確立したアルバムだ。



「癒し」のCDです。

気持ちがブルーな時も・・・「自分でBAR感覚」で、疲れたカラダを癒してくれます。

騙されたと思って聴いてみてください。



Sings




【送料無料】チェット・ベイカー・シングス(初回生産限定)





■■■ ジャズ入門、おすすめのジャズ、お勧めのジャズのサイト ■■■■
         ↓
ジャズ入門、おすすめのジャズ、お勧めのジャズのブログ」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。
posted by ホーライ at 06:50| 東京 ☀| おすすめジャズランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。