2014年06月18日

おすすめジャズ『Kin』パット・メセニー&ライル・メイズ

●おすすめジャズ『Kin』パット・メセニー&ライル・メイズ

ライヴ作品『THE ORCHESTRION PROJECT』、そして大胆な挑戦ちも呼べる『TAP: JOHN ZORN'S BOOK OF ANGELS, VOL. 20』の相次ぐリリース、そしてユニティ・バンドのグラミー賞受賞、そしてライヴに次ぐライヴと2013年も精力的に活動してきたパット・メセニー。

そのグラミー賞を受賞した、ユニティ・バンドが、新たにマルチ・インストゥルメンタリストであるジュリオ・カルマッシを加えた5人組、ユニティ・グループへと進化した。




「ユニティ・バンドのアルバムとツアーは自分にとって、人生が変わるような体験だった。

だからこれをいかにして継続し、次なるレベルへと押し上げるための方策をどうしても探したかった」とパット・メセニー本人も語るこのユニティ・バンドの進化形で、メセニーは、自身がソロとして、またグループやトリオとして、さらにオーケストリオンと共に作り出してきた様々なサウンドの全てを一つに取り込んだ新たな音楽的プラットフォームを作ることを思い描いたという。


そのヴィジョンを実現すべく、クリス・ポッター(ts)、ベン・ウィリアムス(b)、そしてアントニオ・サンチェス(Dr)のトリオに加え、新メンバーとして、マルチ・インストゥルメンタリストであるジュリオ・カルマッシが加入し、ワイルドカード的なインパクトをプロジェクトにもたらしている。

このパワーアップした超絶ラインアップについてメセニー本人も「彼らとなら何でも出来る」と語っているとか?!



凄腕揃いのメンバーとあって、メセニー本人も「これだけのミュージシャンのために曲を作り、パーツや素材を一つにまとめるのは、自分にとっても大きな挑戦だった」と語る。

しかしその結果出来上がった作品について彼はこうも語っている。

「このアルバムは、ミュージシャンとして最も充足感を感じた作品だ。そしてこの作品が示す可能性は、無限大にも感じる」。



その言葉が表す通り、本作はアグレッシヴな意欲作揃い!

幕開けを飾る15分もの長編「On Day One」をはじめとして10分以上の作品が4曲も並び、いずれも詳細なディテールで構成されながらも、それぞれのミュージシャンがインプロヴィゼーションを出来るだけのインスピレーショナルな空間も設けられている。

その中で縦横無尽に様式や拍子記号、ペダルポイントを変えながら、それぞれのミュージシャンが輝く瞬間が次々と飛び出してくる。



メセニー本人の言葉を借りれば、前作のユニティ・バンドが「4人のミュージシャンがスタジオでレコーディングする様を捉えた、思慮に富んだ、モノクロームのドキュメンタリー」であるなら、今作のユニティ・グループは「バンドのあるべき姿をテクニカラーでとらえたIMAX映像」だという。


最強の仲間を得たメセニーが見せる、新たな音楽的冒険と視点。

エレクトリックやデジタルの要素を取り入れた大胆でエキサイティング、しかしナチュラルなメセニー・サウンドの最新系がここにある。









posted by ホーライ at 01:23| 東京 ☁| バンドジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

クールなジャズならこれ!「Waltz for Debby」ビル・エバンス トリオ

■クールなジャズならこれ!「Waltz for Debby」ビル・エバンス トリオ
       ↓
https://www.youtube.com/watch?v=W3wq7ejawIA

ビル・エバンス トリオの演奏。

語り尽くされた感すらあるジャズの名盤中の名盤。

ジャズ初心者からベテランリスナーまで、多くの人の心を惹きつけて止まないピアノトリオの傑作だ。

ロマンティックで詩的といわれるエバンスらしい選曲、分り易くも奥の深い演奏。

40年以上前のものとは思えない録音の音質、印象的で洒落たジャケットデザイン。

名門「ビレッジ・バンガード」のざわついた雰囲気、ベーシスト・ラファロの録音の数日後事故死という物語性…


世の中にいい演奏、いいCDは沢山あるが、本当に名盤となる要素を兼ね備えたものはそう多くはない。

この"Walts for Debb"はその要素を全て兼ね備えた、エバンスの作品の中でも傑出した一枚といっていい。

このCDを聞く度にこうした音楽に出会えたことを誰かに感謝したい気持ちになる。

このアルバムは輸入盤なので1000円を切る。

それで、この極上の音楽を聴くことができる。

いい時代になったもんです。

      
★「Waltz for Debby」(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000000YBQ/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★「Waltz for Debby」(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/beuuxku


posted by ホーライ at 01:23| 東京 ☀| バンドジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

おすすめのジャズ入門■クライマックスの連続だ!『バードランドの夜 Vol.1 [Live] 』

おすすめのジャズ入門です。

もし、この『バードランドの夜 Vol.1 [Live] 』を聴いて「何も感じない」人がいたら、多分、その人にはジャズが不要なんだろう。


50年代の前半、ジャズは1つの転換期を迎えていた。

40年代半ばに起こったビバップをより洗練させたハードバップスタイルへの移行が、さまざまなミュージシャンたちによって試みられていたのである。


アート・ブレイキーも多分にもれず、トランペッターのクリフォード・ブラウン、アルトサックス奏者のルー・ドナルドソンを迎えたバンドを率い、ジャズ・クラブ「バードランド」でジャム・セッションを行った。

本作『バードランドの夜 Vol.1 [Live] 』はそのときの模様を記録したライブ盤で、まさにハードバップが誕生する瞬間の熱気をとらえた重要な作品である。

特にクリフォード・ブラウンの演奏が圧巻で、弾けるようなトランペットが鮮烈だ。

ルー・ドナルドソンも、ブラウンに触発されたかのような勢いのある演奏を行っている。


とにかくこのアルバムは聴いてもらうしかない。「ものすごい!」のだ。 言葉でいくら形容しても、形容すればするほど、このアルバムの本質から離れていくような気がする。


ジャズって、本当に楽しいよね。


バードランドの夜 Vol.1




バードランドの夜 Vol.1





村上春樹からの追伸

さよならバードランド―あるジャズ・ミュージシャンの回想(村上春樹訳)を読みながら聴くと楽しさが倍増です。




さよならバードランド―あるジャズ・ミュージシャンの回想(アマゾン)



★⇒アマゾンのジャズ・フュージョン

★⇒楽天のジャズミュージック


posted by ホーライ at 01:52| 東京 ☁| バンドジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめのジャズ入門■伝説の名盤『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』(チャーリー・パーカー)

おすすめのジャズ入門です。

(アーティスト, 演奏)
チャーリー・パーカー
マックス・ローチ
チャールズ・ミンガス
バド・パウエル
ディジー・ガレスピー


『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』は1953年、カナダのトロントでモダン・ジャズ創世記を代表するクリエーターが一堂に会して、この世に残したジャズ史上燦然と輝く傑作。

史上不滅のライヴ・レコーディングだ。


このアルバムにはチャーリー・パーカーのみならず、歴史的ビッグネームのプレーヤーが顔をそろえている。

それぞれのプレーヤーが余裕で火花を散らす、ジャズならでは即興的緊張感が良い。(これこそが、ジャズの醍醐味だ。)

特にアルバム後半の3曲が素晴らしい!!


一説によると、ジャズには名曲は無く、名演奏だけがある、ということらしいが、このアルバム『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』は、言うまでも無く、「名演奏」だ。

『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』はジャズの入門盤としても決して難しくなく、それでいて、ジャズの耳が肥えている人にはその人なりに奥行きが楽しめる、そんな逸品になっている。


一家に一枚、チャーリー・パーカーのアルバムを買うとしたら、文句無く、この『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』をお勧めします。


ジャズ・アット・マッセイ・ホール




ジャズ・アット・マッセイ・ホール



★⇒アマゾンのジャズ・フュージョン

★⇒楽天のジャズミュージック


posted by ホーライ at 01:46| 東京 ☁| バンドジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。